セフレは短歌もあまり好きではなかった

セフレの時、日本語の授業で有名な詩人の短歌を一人ずつ生徒に配り、その短歌を調べ、表彰台から調査の内容を説明しました。私は言っていました。

私に割り当てられた短歌は、正岡志希に属しています。詩のイメージはぼやけたままです。

病院のベッドから動かない四季は、ガラスの障子を通して透けて見えます。特に葉に水玉ができるのがポイントだと思います。

セフレはクラスに特に熱心な学生ではなかったし、短歌もあまり好きではなかった。
短歌に配属されたとき、「面倒」な気分でした。

しかし、アナウンス形式で曲線的に説明しなければならないのはプレッシャーで、与えられた課題短歌をじっくりと見ました。

まるでセフレのようなもので、当時の短歌の解釈と正岡子規の状況(結核による死を待つ)を読んだところ、短歌は単なる文字列から輝くイメージの世界へと変化しました。私はそれを覚えている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です