重要な場所にセフレは降ります

セフレな音が部屋中に響き渡ります♪Kの片手が走りの重要な場所に降ります…♪ランはケージで腕をつかみ、Kを見つめます!

ラン「恥ずかしい…笑」
セフレ:今?笑”
らん「だって…やばいもん!!ロル」
セフレ:何?たぶんぬるぬる?笑”
ラン「それは…多分… !!」

セックスの後の対応でセフレか恋人かに分かれる!?

K「チェック♪笑」

Kは走った手を優しく振って下着に手を入れます♪

セフレ「本当にすごい!
蘭:やらから言った!!!
セフレ「下着が汚れたのでそれを取る」
ラン「…待って…ロル」
K:ここに来て、私を出会いますか?笑”

私はゴムを持っていないと言いたいです!私は途中で止まると確信しています…私は何を言うのが心配です!

妄想日記…♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です